ジャケパンとは、ジャケットパンツスタイルの略で、スーツの様に上下同じではなく、ジャケットとパンツをそれぞれ別々で使うスタイルのことです。
スーツスタイルに比べるとややカジュアル感はありますが、ジャケパンOKの職場も増えてきています。 このジャケパンスタイルを上手く着こなせれば、ビジネススタイルの幅が一気に広がり、より多様なシーンで対応できます。
スーツ以外でもビジネスで通用するスマートな着こなし「ジャケパンスタイル」のコツをマスターし、キラリと光るスタイリングを実現しましょう。




送料無料:到着後のレビューもお待ちしております

送料無料:到着後のレビューもお待ちしております

送料無料:到着後のレビューもお待ちしております





送料無料:到着後のレビューもお待ちしております

送料無料:到着後のレビューもお待ちしております

送料無料:到着後のレビューもお待ちしております
 
 



傷みに応じて上下別々に買い替えられる。
…実はジャケパンスタイルの方が経済的です。


ジャケットとパンツ(スラックス)では、どうしてもパンツの方が傷みが早いもの。

スーツの場合、ジャケットはまだ大丈夫なのに、スラックスが傷んでしまったために、残念ながら上下とも処分せざるをえない、という嘆きの声をしばしば伺います。

スーツに比べ、ジャケットとスラックスを別々で買う方が高くなりますが、それぞれの寿命に合わせて買い替えればいいので、長い目で見ればジャケパンスタイルのほうが経済的です。
一着のジャケットに対し、微妙に濃さや柄が違うグレーパンツを複数本持っておく、というやり方も、ジャケパンならではの揃え方ですね。 (⇒)



ジャケパンスタイルはネクタイをしてもしなくても様になるため、スーツスタイルに比べて選べるシャツの範囲が広がります。

当店人気の「a.v.v」ブランドドレスシャツ。
ヨーロピアンカジュアルをテイストにしたスタイリッシュなシリーズです。

送料無料:到着後のレビューもお待ちしております





ジャケパンなら履いていい靴の種類が増えます。
スーツの時は紐靴が基本、ジャケパンならローファーでも大丈夫です。


ビジネスファッションは革靴を履いていれば何でもいい、というものではありません。
スーツスタイルの時は紐靴を履かなくてはいけません。(例外としてモンクストラップはオーケーです)
そう、例えば、スーツの時はスリッポン、特にローファーを履いてはいけないのです。

一方、ジャケパンスタイルの場合は、スーツよりもカジュアルな要素が強くなるので、ストレートチップのような紐靴からローファーまで選択肢が大きく広がります。

例えば、黒のストレートチップをスーツまたは礼服用に、ウイングチップかモンクストラップをジャケパンあるいはスーツ用に、ローファーはジャケパンか休日用に、と買い揃えていくといいでしょう。
ジャケパンは「アッコにおまかせ!」に任せておく。
(峰竜太さんはジャケパンスタイルの達人です)


ジャケパンスタイルのお手本にして欲しいのは、毎週日曜日の昼にTBS系列で放送されている「アッコにおまかせ!」に出演している峰竜太さん。峰さんはこの番組では、(スーツスタイルのときもありますが)ほぼジャケパンスタイルですね。

もちろん、峰さんはショービジネスのプロですので、時にビジネスでは使いづらい派手なコーディネートもあります。ですが、シャツを含めた色使いや小物使いなど、参考になることが多いです。
(準レギュラーの武田修宏さんもイケてます)

峰さんはイタリアで気に入った服をどっさり購入し、自分サイズにリメイクするなど、そのこだわりは半端なく、ファッション雑誌でも連載を持っています。

青×茶系の色の組み合わせ(※)など、ビジネススタイルで真似できることもたくさんあるので、ぜひぜひ注目してみてくださいね。

※…青×茶の組み合わせはイタリア人が好むカラーコーディネート。アズーロ・エマローネといいます。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。お疲れ様でした。

洋服には人の気分を変えるパワーがあります。
ジャケパンスタイルを楽しむことで、ビジネスファッションの幅を広がり、余裕や自信が生まれます。さあ、今日からチャレンジしてみましょう!